ホームヘルパー

平成12年に実施された、ホームヘルパーは、家族が大変な思いをしながら介護をしていた介護を社会全体で面倒を見るためにスタートしました。
訓練を受けたホームヘルパーが介護を責任を持って行います。
システムは、費用の1割を依頼者が負担し、残りは保険料や国、自治体などで負担しています。

ホームヘルパーの訪問介護サービスには、生活を援助する事と、排泄や入浴などの身体介護を行います。

受講資格は、2.3級は制限はありません。
受講内容は
3級→履修時間50時間
講義→社会福祉に関する知識、ヘルプサービスに関する知識、医学の基礎知識など
実技講習→介護技術入門ほか
実習→現場見学

2級→履修時間130時間内容は3級のグレードアップ

このような講習終了で資格を取得出来ます。
試験は無いので、合格率はきわめて高くなります。
お問い合わせは、各都道府県、市区町村などの福祉担当課、およびこれらの自治体から指定されて講習を実施している民間の教育機関となります。
各指定機関によって異なる。民間の場合、約90,000円〜
実際に受講出来る社会福祉法人や民間の教育機関は全国で3300以上となります。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。